蜂退治の基本は愛犬が刺される前にアシナガバチ駆除をするのが得策

犬小屋は蜂の巣が出来やすい環境

蜂は餌を探しやすく活動しやすい場所を見つけると、そこに巣を作ります。外に置いている犬小屋に巣を作ることもあります。愛犬の異変に気が付いたら、蜂の巣がないか確認しましょう。

業者を呼ぼう

人間の生活範囲にもスズメバチやアシナガバチのような蜂が出ますが、巣を作る場所はある程度決まっています。蜂が巣を作りやすい環境を知り、蜂退治を早めに行ないましょう。

同じ場所に巣を作る?

気が付いたら、家の軒下や犬小屋に蜂の巣が作られていたということは珍しくありません。愛犬が犬小屋に入るのを嫌がっていたり食欲がなかったりする場合は、近くに蜂の巣ができていたり刺されていたりする可能性があります。アシナガバチ駆除を行なう業者へ蜂退治を検討した方が良いでしょう。 "

蜂が戻ってこないようにする

アシナガバチ駆除や蜂対策を行なったからと言って、油断してはいけません。巣を作られたということは、蜂にとって好条件の場所と言えるからです。蜂退治後に他の蜂が、同じ場所に再び巣を作る可能性があります。

対処法を知っておく

蜂の種類にもよりますが、アシナガバチ駆除後などに再び蜂が集まって来ることがあります。餌探しなどで遠くに行っていた仲間が、巣の除去後に戻ってくるという感じです。これを「戻り蜂」と言います。アシナガバチ駆除などで巣と蜂を退治しても、その後10日間くらいは用心しましょう。大丈夫だとたかをくくっていると、自身や家族、愛犬が刺されかねません。

TOPボタン